「伝わるデザイン」を考え抜いて

東村 一洋

さまざまな要件の中で

研文社の制作物には社内でデザイン・制作されているものと、外部でデザイン・制作されているものと大きく分けて2種類の制作物があります。私の仕事は社内で制作されるデザイン案件に対し、一定のクオリティを確保することです。とはいうものの、弊社はさまざまなクライアントとお付き合いがあり、求められているデザインの方向性やテイストも多種多様です。そうした多くのニーズの中で「一定のクオリティを確保する」とはどういうことなのでしょうか。まずはそのお話をしたいと思います。

デザインの本質について

例えばあるキャンペーンの告知チラシを制作する場合、まず前提としてキャンペーンを実施する企業のデザイントーン&マナーがあります。そして、そのキャンペーンが対象としているターゲット(顧客)の嗜好があります。年齢や性別、子どもなのか大学生なのか会社員なのか主婦なのか。あるいはその全部なのか。それを考えると、自ずと方向性は絞られてきます。逆にいうと、「これは無いな」という「不正解」が見えてくると言ってもいいかもしれません。小学生をターゲットとしたキャンペーンに高級感やセクシーさは必要ありませんし、大人の女性を狙ったキャンペーンにフリガナを多用する必要はありません。このターゲットの属性や嗜好を掴んだ時点で個人的には「半分」だな、と思っています。デザインの半分はできた、ということです。もちろん残りの「半分」が大変なわけですが…。

基準となりえるもの

この先の「半分」に関しては企業秘密、というのは冗談ですが、具体的な作業の話(メインカラーと補色、フォントは何を選ぶか、イラストや写真のテイスト等々)になりますので割愛します。大切なのはこの段階でもやはりお客さまのニーズを一番に考えることであり、それこそがデザインの「正解」だと私は思っているのです。
世の中のトレンドもありますし、私の個人的な趣味・嗜好もあります。それを軽んじているのではないのですが、それらはやはり動的なものであって確固とした基準になりえるものでないと思います。言い換えるならば、明日明後日変わってしまうかもしれないものに準拠した不安定なデザインをお客さまに提案することはできない、ということです。趣味性よりも効率性を私は考えます。



Design is

かの有名なAppleの創始者スティーブ・ジョブスの言葉にこういうものがあります。

Design is not just what it looks like and feels like.
Design is how it works.
「デザインとはそれがどう見えるか、どう感じられるか、ではない。どう機能するかだ」

デザインがいわゆる“ファインアート”と異なるのはこの点だと思います。ファインアートなら全く無意味であるものが、それゆえに人を感動させる可能性をもっている。それがファインアートの素晴らしいところです。
一方、キャンペーンや広告のデザインには、機能が求められます。その機能性を徹底することで能力を最大限に発揮すること、それこそがデザインです。能力とは「伝える力」のことです。キャンペーンを広く世の中に伝える力、商品の魅力を伝える力、観光地の魅力を伝える力、です。
その力を最大限に発揮させられるように尽力し、最も効率よく、遠くまで「伝わる」ようにするのが私の役割だと考えております。ご相談をお待ちしております。

プロフィール

東村 一洋
入社年:2015年
所属部署:事業開発本部 クリエイティブ室 アートディレクター

品質へのこだわりをもっと見る
資料請求・
お問い合わせフォームへ