研文社、TBMとLIMEX 製品の印刷とデジタル化の統合ソリューション 「PDX」を提供開始。カタログやパンフレットのDXを推進 ~無駄を無くし、環境に配慮したワンストップ型の新たな顧客体験~

株式会社 研文社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:網野勝彦、以下 研文社)と株式会社 TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:山﨑敦義、以下 TBM)は、LIMEXによるプリントとデジタルカタログ化を組み合わせた、環境に配慮したワンストップ型の統合ソリューションとして、「PDX(Print Digital Transformation)」の提供を開始します。
PDX は、印刷物や販促物の担当者様が制作される際の業務ニーズに対応し、コスト抑制や業務負荷の改善、業務効率や販促効果などの向上を目的としています。研文社はパートナー企業のTBM様と協業しながら、印刷物や販促物の担当者様向けにサービスを提供してまいります。

 

■開発背景
◎紙からデジタルへのシフトが進む。一方で、対面の商談時における印刷物や販促物、オフライン施策のニーズも高まる。
長引くコロナの影響により、企業活動、業務フローのDX化が進み、あらゆる印刷物が紙からデジタルへ加速的にシフトしています。世界のデジタルカタログ市場は、2022年から2031年にかけて約23%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されており*1、国内においても同様の増加傾向です。
一方最近では、ペーパレス化が進む中でも、DM、商談用資料などの印刷媒体は WEBよりも投資予算が伸びる結果*2となり、顧客に直接情報を届ける販促方法の価値が見直されています。
以上の背景から本サービスでは、印刷物や販促物の決裁者や担当者の方々が、今後も継続すると思われる下記の課題やニーズに応えるソリューションを開発することにしました。
*1 Kenneth Research 2021
*2 販促活動に関する意識調査 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000010550.html

◎印刷物や販促物の決裁者や担当者の課題とニーズ

  • デジタル化によって、印刷物や販促物の制作コストや、紙の使用量、廃棄ロスを抑えたい。
  • 一方、全ての印刷物や販促物のデジタル化は難しい。オフラインやリアルな商談の接点では顧客価値を高める印刷物や販促物も必要。必要とされる印刷物や販促物は、環境に配慮された対応、高級感のある素材を選択し、ブランディングも図りたい。
  • 制作物の制作プロセスは業務負荷が高く、印刷物や販促物の更新作業、刷り直しは大変な労力を要する。オフラインとオンラインを組み合わせたワンストップ型のサポートに期待、業務効率も改善したい。

 

■サービス概要
環境に配慮したLIMEXへの印刷と、デジタルカタログ化をワンストップで無駄なく実現する「PDX」。

PDX は、お手持ちのデザインデータをご提供いただくだけで、環境に配慮した新素材「LIMEX(ライメックス)Sheet」への印刷と、デジタルカタログ化をワンストップで発注できるサービスです。

紙の代わりとなる LIMEX Sheet は、100%再生可能エネルギーで製造されており、木材を一切使用せず、製造時に水をほとんど使用しません。現在、LIMEX 素材は、大企業や中小企業、自治体など 10,000 社以上に採用されています。資源保全に貢献できる環境性能に加え、高級感のある上質な質感は、他素材と較べブランディング効果も高く、リアルな商談の接点で顧客体験の価値を高めることが可能です。

また、デジタルカタログ化は、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのマルチデバイスに対応しており、ダウンロードに時間をかけることなく閲覧できます。動画やリンクを埋め込み、閲覧者のログ解析も可能です。

このように、環境に配慮しブランディング効果も期待できるLIMEX カタログと、幅広いリーチのデジタルカタログをワンストップで発注できることで、印刷物や販促物を制作する際のコストや業務負荷の改善、業務効率、販促効果の向上が可能になります。

 
■PDXで得られる、3つのメリット

1. LIMEX Sheetとデジタル化による制作コストの抑制
環境に配慮した対応を行う場合、多くのケースで従来よりコストが上がり、追加予算が必要になります。本サービスでは、印刷物として必要とする部数のみを LIMEX Sheet で印刷し、それ以外の用途にはデジタルカタログ化で対応。コストを抑えて環境に配慮し、販促効果を高める顧客体験を創出することが可能です。

2. 環境に配慮した対応、紙の使用量と廃棄ロスの抑制
紙の代替となる LIMEX Sheet は、木材を原料に一切使用せず、製造時に必要とされる水利用量を紙と比較し約97%削減できます。LIMEX 素材とデジタル化を組み合わせることで、貴重な資源の利用量を抑え、廃棄ロスを削減することにも繋がります。余ってしまった印刷物は回収し、再資源化のサポート*を行うことも可能です。
*資源循環コーディネートサービス「MaaR for business」:https://service.maar.app/

3. ワンストップ型のサポートで、業務効率が向上
研文社が、PDXへのお問い合わせに商談から納品までワンストップで対応。オンラインとオフラインを組み合わせたデジタル化の対応や、印刷物の販促施策をサポートします。

 
■LIMEX 素材の特長

2022年11月時点で LIMEX 素材は、大企業や中小企業、自治体など 10,000 社を超える規模で導入されており、 LIMEX 素材を使用した製品のライフサイクルで生じる環境影響については、LCA(Life Cycle assessment)を通して環境影響の可視化とその抑制に取り組んでいます。本サービスで使用される LIMEX Sheet は、カタログなどに最適な 80μmからメニュー表などに用いられる 400μmまで、多様な厚みの製品をラインアップしています。LIMEX Sheet を製造しているTBM白石工場と多賀城工場は、実質「100%再生可能エネルギー」「CO2 排出係数ゼロ」の電力を使用しています。

特徴 1 水や森林資源の使用量削減に貢献

LIMEX Sheet は紙と比較し、原料に木材パルプを一切使用せず、製造時に必要とされる水使用量を約 97%削減できるため、枯渇リスクのある天然資源の保全に貢献できます。

特徴 2 上質な質感と鮮明な印刷
LIMEX Sheet は、高級感のあるマットで上質な質感が特徴です。色の再現性に優れているため、写真やカラーイラストも鮮明に印刷することできます。

特徴 3 優れた耐久性と耐水性
LIMEX Sheet は、耐久性と耐水性に優れているため、繰り返し使用するカタログや屋外で使用する冊子などの利用に最適です。

LIMEX Sheet ガイド:https://tb-m.com//doc/limex_sheet_guide.pdf
 

■株式会社研文社へのお問い合わせ先
株式会社研文社 担当:網野翔太 TEL:03-3269-6331
お問い合わせアドレス:kb-pdx@t-kenbunsya.jp