しんどいことも ありますが、 毎日どこかで 笑顔になれます!

2018年4月1日入社 営業第六部
H.F.

入社の動機は、面接で得た感触の良さです。実は面接は苦手で、他の会社では緊張して自分が上手く出せなかった。でも、研文社の面接は趣味の話などから始まったので、自分の意見や考えをきちんと話すことができたし、聞いていただきました。そんなことから、人を大切にする社風というか、カラーを感じました。それは今の仕事でも感じています。

M.S.

仕事はカード会社の申込書やその他のツール等を担当しています。申込書といっても、細かな部分が異なり200種類以上あります。またギフト関連の仕事もあり、欠品が出ないように在庫管理も請け負っています。もちろん、最初は戸惑うこともありましたが、一緒に入社した同期の女性社員も同じクライアントの別部署を担当しているので、何か問題があれば二人で相談することができました。分からないことは、必ず先輩や上司がやさしく教えてくれましたので、日々支えられていると実感しています。 新入社員が入ってきたら、やれることはできるだけやってもらう、そして後輩が成長できるように自分もしっかりと知識を持って接していきたい、フォローしていきたいと考えています。自分もそうしていただいたように…

私の直属の上司は3月末から産休中です。彼女はバリバリ仕事をしながら、結婚、出産を経て、また仕事に戻ってきます。私も結婚、出産はしたいし、仕事は辞めたくないので、彼女は将来自分がそうなりたい目標です。

M.S.

就活は苦労も多く、嫌いでした。就活をしていると回りが見えなくなってしまうことがありますが、最終的に入るのは一つだけ。それが自分を分かってくれる会社であればいいと思いました。いろいろな会社の説明会や面接に行くのは、方向性を決めていく上で、絶対に欠かせないことでした。その中で自分がどうしていきたいか、将来どうなりたいかを見定めていくと、最終的に入れる会社に出合えるのでしょう。ただ、あまりに好きなことを仕事にするとイヤになった時に大変ですから、実際の仕事は、自分の好きなところから少し距離をあけた方がいいのかもしれませんね。

 

※このインタビューは2019年3月に行いました。